うがいのタイミング

MENU

 

うがい

fluabc

細胞内にインフルエンザウイルスが入り込んでしまう前に、うがいをすることができればインフルエンザ感染を予防することができるかもしれません。
ウイルスはまず、口や喉の粘膜に付着するのでうがいをすることによって洗い流すことができます。
うがい薬などを使用しなくても、水で十分です。
帰宅時はうがいをすることを日頃から心がけておくとよいでしょう。
また、気道の粘膜を適度に加湿することはインフルエンザの予防によいといわれているので、水やお茶を1日に頻回の「ちびちび飲み」をしてのどを保湿しましょう。
特に緑茶であれば抗菌効果も期待できます。

【Google広告】

【PR】

関連ページ

手洗い
インフルエンザ予防の第一手、手洗い。簡単なことだけどとても重要な理由を解説します。
保湿
インフルエンザウイルスの敵の一つは湿度。高い湿度をキープするにはこうしてみましょう。
十分な栄養
インフルエンザ予防には、免疫力の維持や向上を意識しておくことが大切です。
空気清浄機の予防効果
空気清浄機は本当にウイルス対策になるのでしょうか?最近話題の次亜塩素酸水は?