抗インフルエンザウイルス薬の特徴と副作用、費用、そのほかの治療薬

MENU

過去に使用禁止になった解熱薬

インフルエンザの時には、38度以上の高熱が出ることが多いですが安易に解熱剤を使用しない方がよいとされています。
アスピリンやポンタール、ボルタレンとよばれる解熱薬を小児に使用するとインフルエンザ脳症の発症率の上昇やインフルエンザ脳症による死亡率が上がることが分かっています。
そのため、日本では15歳未満のインフルエンザ患者に対し

  • サリチル酸系解熱薬(商品名:アスピリン)
  • メフェナム酸(商品名:ポンタール)
  • ジクロフェナクナトリウム(商品名:ボルタレン、ブレシンなど)

などの解熱薬を使用しないように勧告されています。

 

成人に関しては特に禁止薬はありませんが、医師の判断に従ってください。

 

併用できる解熱薬

成人に関しては、特に併用できない解熱薬はありません。
アセトアミノフェン(商品名:カロナール、アンヒバなど)であれば、未成年でも使用できるとされています。

【Google広告】

【PR】

関連ページ

抗インフルエンザウイルス薬の費用
薬には薬価といって、決められた薬の値段があります。医療機関の窓口での支払額は、保険適用だと基本的に3割負担、予防投与などで自費の場合には全額負担となります。
ウイルスは死なない?!
抗インフルエンザウイルス薬を使用した場合ウイルスはどのくらいの期間で排出される?残念ながら現在販売されている抗インフルエンザウイルス薬は全て、ウイルスの増殖を抑える薬です。
治療薬服用が遅れた、使用しなかった場合
ウイルス量が最大になるまでの発症後48時間以内に治療薬を使用しないと十分な効果を得ることができず、発熱の期間が短縮されないことがあります。
予防投与
インフルエンザを発症した人と接触している可能性があり、免疫力を低下させるような持病をもっている方や高齢者、入院中の方において抗インフルエンザ治療薬の予防投与が行われることがあります。
抗インフルエンザ薬の副作用
下痢や嘔吐、吐き気、腹痛、皮膚の発疹などが抗インフルエンザ薬の副作用として挙げられます。 また、注意が必要な副作用として異常行動があります。
Cap依存的エンドヌクレアーゼ阻害薬
数種類ある抗インフルエンザウイルス薬の、それぞれ特徴や副作用、費用、そのほかの治療薬を解説します。
インフルエンザに漢方薬
数種類ある抗インフルエンザウイルス薬の、それぞれ特徴や副作用、費用、そのほかの治療薬を解説します。