感染後24時間以内に自覚症状

MENU

インフルエンザA型の症状

インフルエンザの症状

執筆者:大塚真紀

 

咳、くしゃみ

インフルエンザA型の症状としては、突然の38度以上の発熱、頭痛、関節痛、全身倦怠感、上気道症状(咳や鼻水、くしゃみ、のどの痛みなど)が特徴的です。
風邪との違いは、高熱が出ることと全身症状が強いことといわれています。
インフルエンザの潜伏期は一般的に短いため、感染後24時間以内には悪寒、頭痛、倦怠感などの全身症状を自覚します。

 

体の中のウィルス量がピークに達する48-72時間後までには、38度以上の高熱、関節痛、筋肉痛、倦怠感、食思不振などの症状が出て、全身状態が急激に悪化することが多いです。
下痢や嘔吐などの消化器症状を起こすこともありますが、鼻水やくしゃみ、のどの痛みなどの上気道症状の方が多いといわれています。

 

健康な成人であれば、高熱は3-4日程度で治まります。
しかし、免疫力が低下している高齢者、心臓病や腎臓病などの持病がある方、妊婦、授乳中の方などの場合には高熱の期間が長引くことや、合併症である肺炎などを起こしやすくなるので注意が必要です。

 

乳幼児の場合には、インフルエンザによる高熱のため熱性けいれんを起こすことやインフルエンザの合併症で重症なインフルエンザ脳症を発症することがあるので注意深く経過をみる必要があります。


【Google広告】
【PR】

 

【Google広告】

インフルエンザA型の感染・発症の流れと合併症への注意|インフルエンザA型.com記事一覧

インフルエンザウイルスとは|感染・増殖の仕組みインフルエンザに感染している人のくしゃみや咳には、細かい水分と共にインフルエンザウイルスが含まれます。くしゃみや咳に含まれるウイルスを吸い込むとインフルエンザに感染する可能性があります。感染している人の近くにいて直接吸い込まなくても、道路や建物内の地面に一度落ちたウイルスが空気の乾燥などによって舞い上がったものを吸い込めば感染することがあります。ウイル...

A型とB型の違いインフルエンザには大きく分けてA型、B型、C型があります。毎年流行する原因となるのは、A型とB型といわれています。特にA型は、ウィルスのタンパク質が変化しやすく、以前にかかったとしてもウィルスの形が毎年変化しているため再度かかってしまうことや、大流行を起こす可能性があります。一方で、B型は変化しづらいため一度かかると体の中に対抗できる抗体が産生され、大流行の原因となることは少ないと...

通院のタイミング インフルエンザウィルスに感染すると、体の中で1個のウィルスが8時間後には100個、16時間後には1万個、24時間後には100万個と増えていきます。潜伏期は一般的に2日前後といわれており、感染して48-72時間後には体内でウィルス量がピークをむかえます。ウィルス量の増加と共に、高熱や関節痛、倦怠感などの全身症状が出ます。インフルエンザにかかったかもしれない、と思ったら速やかに医療機...

感染経路インフルエンザは飛沫(ひまつ)感染や接触感染によって感染するといわれています。飛沫感染とは、インフルエンザにかかっている方のくしゃみや咳に含まれる小さな水しぶき(飛沫)を吸い込んでしまうことによって感染することです。また、ドアノブや机、タオルなどに付着したウィルスを触った手で口や鼻を触れることによる感染することがあり、接触感染とよびます。インフルエンザ感染の予防には、手洗いやうがい、マスク...

微熱、および熱が出ないインフルエンザ感染者の対応ウィルスや細菌に感染した後に高い熱が出るのは、正常に免疫がはたらいている証拠です。そのため、 高齢者や心臓病、腎臓病、肺の病気、糖尿病などの基礎疾患がある方、妊婦などの免疫力が低下している状態ではインフルエンザに感染しても高熱が出ないことがあります。また、インフルエンザワクチンを打っているため、体の中にある抗体が反応してインフルエンザウィルスの増殖が...

インフルエンザ脳症とはインフルエンザ脳症では、インフルエンザウィルスに感染した後に過剰な免疫反応が起きることによって意識障害やけいれん、異常行動などが起きるといわれています。しかし、詳細なメカニズムは現在でも不明です。わかっていることは、5歳以下の乳幼児によく起きる、日本人や東アジア人に多く認める傾向がある、インフルエンザの中でもA香港型の流行時に多い、などです。インフルエンザ脳症の発症は急激で、...

その他可能性のある合併症インフルエンザの合併症には、インフルエンザウィルス自体によるものと細菌感染によるものがあります。インフルエンザの合併症で最も多いといわれる肺炎は、インフルエンザウィルス自体によるものよりも、インフルエンザウィルスに感染した後に気道の粘膜が弱くなり、細菌に感染しやすくなって引き起こされることが多いと考えられています。肺炎は合併症の中で死亡原因の約90%を占めます。健常な人の場...