MENU

適度な保湿

インフルエンザウイルスは、乾燥している状態、つまり湿度が低い環境を好みます。
インフルエンザに感染している人の咳やくしゃみに含まれるウイルスが地面に落下したとしても、乾燥していると再び舞い上がり、それを吸い込むことによって感染する可能性があります。
インフルエンザが、空気が乾燥している冬に流行する理由の1つです。

 

また、空気が乾燥していると気道の粘膜も乾燥します。
気道の粘膜は乾燥すると、感染に対する防御能力が低下しますので、室内では、加湿器や濡れたタオルなどを利用して湿度50-60%を保つようにするとよいでしょう。

【Google広告】

【PR】

関連ページ

手洗い
インフルエンザ予防の第一手、手洗い。簡単なことだけどとても重要な理由を解説します。
うがい
インフルエンザ予防に効果が期待できる『うがい』。ちょっとした工夫で効果が倍増するかも。
十分な栄養
インフルエンザ予防には、免疫力の維持や向上を意識しておくことが大切です。
空気清浄機の予防効果
空気清浄機は本当にウイルス対策になるのでしょうか?最近話題の次亜塩素酸水は?