ワクチン接種の費用

MENU

料金(費用・値段)

インフルエンザワクチンの費用は、一部公費で実施される65歳以上の高齢者、または心臓や腎臓、呼吸器、免疫などに障害のある60-64歳の方以外は基本的に自費となります。
日本でも2015年から4価ワクチンが導入されたため、今までの3価ワクチンに比べて値段が少し上がりました。
2016年から2017年シーズンの全国平均は3346円といわれています。
一般的に3000円台が多いと考えてよいでしょう。
3000円未満の医療機関は少なくなりました。
一方で、5000円以上としている医療機関もあります。
医療機関によっては、早い時期に接種すると費用が安くなる早割りや家族全員で受けると割引になる家族同時接種割引などを実施していることもあります。
13歳未満の子どもや希望する大人に対しては、インフルエンザワクチンの2回接種が行われます。
そのような場合には、2回目のワクチン接種の費用を安くしている医療機関もあります。
費用に関しては、事前に医療機関に問い合わせるようにしましょう。

【Google広告】

【PR】

関連ページ

ワクチンの副反応
ワクチン接種に伴う具体的な副反応を紹介します。これらの副反応が見られたら、すぐに医師に相談しましょう。
接種日の過ごし方
インフルエンザワクチンを接種した日は、運動やお風呂や飲酒は控えたほうが良いのでしょうか?
ワクチンの接種間隔と同時接種
最近の乳幼児のワクチン接種は本当に忙しいです。ワクチンの種類によって決められる接種の間隔や同時接種が可能か否か、この基本を知っているとちょっとは頭の中が整理できますよ。